タカのわたり 9月23日 白樺峠

午前8時30分に白樺峠に到着する。白樺峠の駐車場はすでに満杯。道路につらなって車が縦列駐車。何とか1台空いていて駐車ができた。白樺峠の標識から歩いて20分ぐらいで到着する。タカ見の広場にはすでに沢山の大きな望遠鏡を持った人たちが400人ぐらいか、もっといたかも。空いたところにシートを敷きタカのあらわれるのを待った。午前12時頃までに見たタカは2羽程度、白樺峠のタカのわたり全国ネットワーク情報から9月19日に総数4138羽飛んでいるので、もう今日は飛ばないのかとあきらめかけていました。あるご婦人からあと2時間後ぐらいに600羽飛んできますという情報が入っていますとみんなに伝えられました。それから2時間後の見事なこと。タカは次から次へとやってきました。20羽ぐらいのかたまりのタカ柱は何度も見ました。ちょうど私達の真上をタカがどんどん飛んでいきます。カメラマン達のシャッター音がバチバチと絶え間なく聞こえてきました。みんなすごいすごいと大騒ぎです。午後2時ぐらいにはタカのわたりのショーは終わったようでした。これでショーは終わったと、私達は帰路につきました。結局今日は1589羽飛んだそうです。10月に信州・松本奈川グリーンツーリズム推進協議会主催のツアーもあり、同じようなショーが見られればと願っています。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。