ここ数日、夏の喧騒も暑さも忘れてしまいそうなほど奈川地区は静かに秋に向かって季節が変わってきています。朝晩は肌寒くなり始め長袖も必要な季節がやってきたなと感じます。夏の新そば収穫も終わり、秋のソバの収穫に向かってソバの花も少しづつ茶色の実をつけ始めている様子から、季節が変わっていくのが感じられます。今奈川では秋キタワセとは別に秋に収穫される「奈川在来種」のソバの花が畑一面に咲いています。そんな山の秋の雰囲気の中で、ソバの花を見ながらゆっくり過ぎていく奈川の時間に安らぎを感じるのは私だけだろうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。