9月1日の19時45分頃から天宮大明神祭における獅子舞の奉納がありました。今回は、私達の企画『そうだ!上高地、明神池と野麦峠を歩こう!!』「年に一度の”奈川獅子”松本ながわを知るモニターツアー2日間」のもと、奈川を知っていただくツアーのアトラクションの一つとして見学しました。この獅子舞は奈川獅子とも呼ばれ松本市の無形文化財に指定されたもので、奈川地区に古くから受け継がれてきたお祭りの奉納獅子舞です。雨が心配されましたが、幸運にも雨が上がり外での舞が披露され、勇壮な獅子舞を見学する事が出来ました。その獅子舞の大まかなスジは、邪悪な獅子を退治するという勇ましい演舞です。祭りは山間の集落で行われる一地区のものですが、地元の若者とと子供たちがおよそ1時間半にわたり獅子を舞、奉納されます。ただ、その迫力は、見ているものを釘付けにします。是非ご自身の五感で感じていただきたいものです。特に子供たちの舞は、奉納までの地道な練習のたまものであることを物語っています。祭りを支える人たちと伝統を継承する人々の地元愛と力を感じさせます。どんなに言い表そうとしても、語り尽くせないものを是非ご自身で体感されることをお薦めします。(毎年9月、第一土曜日)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。